午後問題対策

次へ
末広ページクイックツアー 6/7

末広ページへ 情報処理技術者試験問題と解説


末広ページ内の午後関連のコンテンツ

アセンブラ言語の仕様(2005年春版)


午後で点が取れないとは,もう言わせない。

 このページでは,午後対策:どこでも学べるシリーズJavaScript&Javaメールマガジンを説明しています。

初級シスアド向けは,書籍として発売中 


「どこでも学べる」シリーズ,略して「どこマガ」(有料)(現在休刊中で,過去分を公開中)

 午後問題は,一つの問題文が長く,また,解説も長くなります。まとまった時間がないとなかなか勉強しにくいですが,『どこマガ』では,通勤列車のようなところでも気楽に読め,細切れの時間でも勉強できるように,解説しています。また,HTMLを利用しているため,コンピュータ上で実行可能なサンプルも提供されます。

 解説する問題は,全て試験の過去問題です。『どこマガ』を読んでいれば,試験当日まで,午後対策は全然できなかったということはなくなります。

 『どこマガ』は,URLを通知するだけで,ご自分でウェブページを見てもらうシステムです。印刷してご利用下さい。

『どこマガ』シリーズが午後対策を根本的に変えた

 『どこマガ』シリーズによって,午後問題の対策がこのように変わりました。

『どこマガ』以前 『どこマガ』以後
 午後問題は難しい  午後問題も点がとれる
 流れ図・フローチャートはトレースをする  トレースは学習時。本番は,トレースをせずに予想して解く。
 午後問題の学習はまとめた時間を確保する必要がある。  細切れでも学習可能。トイレでの眠気さまし休憩時にも有効。
 分からなくても答えを適当に書こう  適当に書くにも書き方がある(補足1)
 午後問題対策の一夜漬けは不可能  一夜漬けも可能

 補足1 適当に書く方法のうち,「オウム返し法」は iTAC塾主宰水岡氏から学びました。

2001年春向けまでの「通勤列車で勉強する」シリーズ(現どこまがシリーズ)無料公開中

 無料公開は,予告なく中断する事があります。

 どこマガシリーズ一覧


「JavaScript & Java で目指そう!基本情報技術者試験」メールマガジン(無料) 略してJマガ

 2001年秋の試験から基本情報処理技術者試験(旧2種)に Java が採用になりました。

 オブジェクト指向もいっしょに勉強できる,Javaでの受験をお勧めします。

 → 詳細

JマガでJava入門,オブジェクト指向入門はこう変わった。

Jマガ以前 Jマガ以後
 JDKのパスの設定は,autoexec.batを変える  パスの設定等 jstart.bat にカプセル化する。(注1)
 クラスが型紙で,インスタンスはそれから製造される。  クラスが本体で,インスタンスは分身。
 オブジェクトは物  オブジェクトはロボット
 オブジェクト指向は難しい  オブジェクト指向は簡単
 名称は正しい英語を利用  サンプルの場合は,自由に命名できるものは,xで始める等区別する。

 注1 かってこのテクニックを書いてある書籍がありましたが,最近は目にしませんでした。


spage@yscon.co.jp

末広ページへ